診療案内

腎不全医療・透析医療

通院血液透析について

血液透析センターを併設し、専門のスタッフによる通院血液透析治療を行っています。
当院の通院透析の特長は、

 

専門スタッフによる治療

透析専門医、透析技術認定士等の専門資格を持ったスタッフが治療を行います。また、定期的にカンファレンスや院内研究会を実施し、患者さんの病態把握に努めています。

専門スタッフによる治療

24時間365日対応の電話相談・緊急往診体制

体調変化はいつ起こるかわかりません。当院では、24時間365日、休むことなく患者さんの体調変化に対応しています。深夜や休日であっても、いつでも電話にて相談ができます。また、電話での相談で緊急の診療が必要と判断された場合は、病状にあわせ緊急往診や連携医療機関への紹介を行います。患者さんの情報は遠隔操作可能な電子カルテに入力されていますので、いつでも活用できます。

24時間365日対応の電話相談・緊急往診体制

9台の送迎車と専門ドライバーによる丁寧な送迎サービス(品川ガーデンクリニックと共用)

通院が困難な患者さんには送迎サービスを提供しています。当院では9台の送迎車を使用し、1日80便以上の送迎を実施することにより、待ち時間や乗車時間が少なくなるよう努めています。また、当院到着後、すぐに透析を始められるようにスタッフ間の連携を強化しています(当院到着から透析開始まで平均15分)。
通院血液透析患者さん用送迎サービスのページも御参照ください。)(送迎車は品川ガーデンクリニックと共用です。)

5台の送迎車と専門ドライバーによる丁寧な送迎サービス

在宅医療を通して培った他医療機関・介護福祉機関との連携体制

透析を続けていくと、きちんと自己管理を行っている患者さんであっても時に入院や各科専門医の診療が必要となることが起こりえます。この様な場合に医療連携が重要となります。当院は、在宅医療や学術活動等を通じ、他医療機関・介護福祉機関との「活きた連携」を日々地道に築いています。
*連携医療機関:北里研究所病院、NTT東日本関東病院、東京共済病院、東京都済生会中央病院、昭和大学病院、東邦大学病院、虎の門病院等
*連携介護福祉機関:品川区・大田区等の在宅支援センター、訪問看護ステーション、ヘルパーステーション等

院内でいつでも血液検査が実施可能

院内に血液検査機器を常備しているので、いつでも血液検査が実施できます。採血から30~40分で主要項目の検査結果を知ることができるため、正確な診断と迅速な対応が可能です。

院内でいつでも血液検査が実施可能

透析治療に精通した栄養士による栄養指導

当院には透析治療に精通した専門の栄養士が在籍しております。患者さんのライフスタイルにあわせた無理のない栄養指導(食事指導)を、患者さんや御家族に提供しています。

透析治療に精通した栄養士による栄養指導

最新の透析機器・検査機器、全台オンラインHDF対応

日系メーカーの最新型透析機器を使用しています。また、各種検査機器や治療機器も常備しています。(施設案内のページも御参照ください。)
全台オンラインHDF対応です。

最新の透析機器・検査機器

駅から2分で電車通院も容易

五反田駅から徒歩2分の駅前クリニックであり、電車での通院も容易です。
アクセスのページも御参照ください。)

駅から2分で電車通院も容易

夜間透析に対応

月水金については夜間透析を実施しており、仕事帰りに透析を受けることができます。23:00まで開院していますのでゆっくりと透析を受けることができます。
(最終返血開始時間は22:30です。)

夜間透析に対応

長時間・高効率透析に対応

5時間以上の長時間透析や高効率透析にも対応しており、食事量や活動量の多い若年透析患者さんにも対応できます。また、心機能等の低下のためゆっくりと時間をかけた透析が必要な高齢患者さんにも長時間透析は有効です。

長時間・高効率透析に対応

活発な学術活動による自己研鑽

当院は、診療の質を高め多種多様な病態に対応するため、積極的に学会や研究会に参加しています。また、各種臨床研究を関連医療機関等と共に行い、積極的に国内外で発表しております。(学術活動のページも御参照ください。)

活発な学術活動による自己研鑽

先駆的な災害対策

災害時にも患者さんとの連絡が取れるように、衛星携帯電話を2台常備しています。1台は院内に設置し、もう1台は院長が常に携帯しています。また、災害時に必要となる各種医薬品・医療材料、食糧、照明装置、発電機、燃料等を十分量備蓄しています。

衛星携帯電話

通院血液透析のQ&A