診療案内

通院血液透析患者さん向けリハビリテーション

診療案内図 一般外来(内科・泌尿器科・皮膚科) リハビリテーション 一般訪問外来 腎不全医療・透析医療

透析患者さんの平均年齢は年々上昇しており、高齢の透析患者さんも多くいらっしゃいます。高齢の透析患者さんの中には、筋力低下や心肺機能の低下等のため、日常生活に支障をきたし、歩行も困難となり、非常に大変な思いをされている方が多くいらっしゃいます。
当院では、このような患者さんに対し、専属の理学療法士によるリハビリテーションを実施し、身体機能の改善をはかると共に、骨折の原因となる転倒転落等の事故防止を目指しています。
また、現時点では身体機能に大きな問題のない若年透析患者さん等にも、運動を行うでのアドバイスや体力増強目的の運動療法を提供します。これにより、合併症の進行予防、成人病の進行予防、透析中の筋痙攣(「足のつり」)の予防をはかります。

 

当院でのリハビリテーションの具体例
  • 透析施行前のリハビリ室での、歩行練習、立ち上がり訓練、姿勢矯正の実施
  • 透析中のストレッチ、マッサージ、温熱療法の実施
  • 透析中の軽度運動療法
  • 運動療法、体力増進、リハビリテーションについての相談、総合的アドバイスの提供


当院のリハビリテーションの特長は、

専属の理学療法士によるきめ細かいリハビリテーション

理学療法士 舘野雄貴
理学療法士
舘野雄貴
(たての ゆうき)
私が責任を持って
理学療法を実施します。

当院のリハビリテーションは、経験豊富な専属の理学療法士によって実施されます。また、リハビリテーションの監督や補助を行う医師、看護師、技士等、すべての職員が透析療法の専門家としての十分な知識と経験をもっておりますので、「透析患者さんに最適なリハビリテーションとはなにか?」を常に考え、透析患者さんに最適なリハビリテーションを提供できます。

様々なリハビリテーション機器の常備

赤外線治療器やホットパック、歩行訓練用平行棒等の専門的機器や備品を常備していますので、様々なメニューのリハビリテーションを受けることができます。

訪問看護ステーションやデイケア施設等の看護・介護施設との連携体制

当医療法人は開設時より広く在宅医療を行っており、地域の看護・介護施設や在宅療養支援センターとの連携体制を日々強化しております。これに加え、院内にリハビリテーション部門を開設することで、リハビリテーションについてもさらに連携を深めることができます。これにより、患者さんが、在宅時、施設訪問時、透析時、とすべてのシーンで連続した適切なリハビリテーションを受けられる環境を作っていきたいと考えております。